The Disk / Side Capers 発売直前インタビュー (3)

< Latest News | (1) | (2) | (3)
一番凝ってる詞だよね。一番読みごたえがある。

    3曲目の「恋愛小説」、常々これが一番ラクだったって言ってるけど。
勝田 出来たときからラクだったからね。スリーコードのループみたいなのが好きなんだよね。
    これは全編を通じて3本近いギターが鳴ってるけど。
菅原 3本?
勝田 1本足したんだよ。ちょっとエッジが効いてたのわかんなかった? スゲエ正解だったと思うよ。
小山 アコギとギターのリフだけだとバランス悪かったのが、ギターでもう1本リズム入れて、ちょっとジャギッとした感じでまとまった。
勝田 本来俺がやりたかった一番の形。だからアコギだけでやってても自信があったね。
菅原 エレキギターも手クセだしね。一番最初にスタジオ入ったときに作ったやつがそのまま残ってる。
    ミドルの部分のリズムが変わるのは、小山さんのアイデア?
小山 勝手に解釈して、2回早くなるのはどうかと思ったんで、ゆっくりにしてみた。
勝田 アレは完全に小山さんのアレンジだね。
    詞についてだけど。
勝田 詞の表現は好きだね。こういうのを増やしたかった。ワケ分かんないっていうことじゃないんだけど、どっか寓話的な表現というか、童話っぽいというか。おかげで2番の一番最初の「雑巾ほどのビフテキを」ていうのは『オツベルと象』だから。「雑巾ほどのビフテキ」てのがうまそうなのかまずそうなのか分かんなくて、ちょっと使ってみたら良いかなあとか思って。
    あんまり普通の人が使わない単語とかがけっこう出てくるよね。
菅原 勝田の詞は色があるね確かに。まあ勝田の普通の話っぷりでも普通使わない単語とか出てくるからね。語彙力だと思うよ。
勝田 この曲のテーマは、ハナから他人同士が解り合おうなんて無理なんだよ、てことなんだよね。
小山 またすごい・・・
勝田 いや極論とかじゃなしに。解り合えると思ってるから、過剰に期待しすぎるので、ムカついたりするんだ。もともと解りゃしないんだから、妥協点があるんだからさ、という、ことを言いたいだけ。ゆがんでると思うけど。悪いイミじゃないんだよ。出来ないのが当たり前なんだから、ていうのが前提なんだけど、ということ。
    じゃあ、まあ出来る範囲でがんばろう、ということ?
勝田 そうそう。前向きじゃん。プラス思考じゃんかなり。
小山 すごい倒置法だね。(笑)
菅原 一番凝ってる詞だよね。一番読みごたえがある。
小山 Filmography」のほうが勝田的には言葉選んだんだろうね。
勝田 それはあります。なにも考えずに書いたほうがいいんだな。
菅原 うん。のほうが、ホンモノっぽい。

 

思い描いてるアレンジは昔から全然変わってない。

    最後の「Somebody Else」。この曲は、まあメロディとかも、基本的には勝田と善之の2人で?
勝田 昔のことだから忘れちゃったね。ただ「Somebody Else」ていう語感が最初にあって、そこから膨らましていった感じ。
    これは学生の頃からあった曲だよね。そん時はギターとコーラスだけ。
菅原 リズムは変わってない。
勝田 しかも思い描いてるアレンジも全く変わってない。
    アレンジて話すると、この曲は一番オーケストラルな感じだけど。
菅原 ホルンのこういう始まりのアレンジはけっこう俺的には意外だったね。
勝田 イントロはかなり思いつきだね。でもホルンていうのは最初からアタマにあった。ストリングスと、ホルンと、アコギていうのは最初から決めてた。ドラムにはけっこう注文付けましたよね。
小山 2人のイメージしている像っていうのがあって、それを出してもらってから俺が組む、ていう感じだったから。
勝田 Blue」とおんなじ感じでさ、いやあ爽やかなんだけど雨だよねえ、ていうか。晴れっぽいのに雨だねえ、て感じ。(笑)
    これは、詞は善之?
菅原 けっこうマイナーチェンジ多いねこの詞は。もう最初に「Somebody Else」ていうのが決まってたからな。それに合わせて作っていった、て感じか。

 

やりたいことはまだまだいっぱいあるんだよね。

    これから先だけど・・・次はフルアルバム?
勝田 はっきり言ってやりたいことはまだいっぱいあるんだよね。
    今回やるかやらないかぐらいまで上がった曲とかもあるよね。
小山 1枚仕上げたっていうことでやり方が分かったていうのがあるから、次はもう少しうまく出来るような気がする。
勝田 次にやりたいのは、ボーカルの掛け合い。あと、ただのロックンロールをやりたい。
小山 直球ロックだ。
菅原 どれぐらいかかるかは分かんないな。年末になるか、来年になるか。
勝田 使いたいフレーズとかはたくさんあるんだよね。断片的なんだけど。あと、ピアノ・ロックみたいなのも良いな。ベン・フォールズ・ファイブみたいなの。Queenの「Don't Stop Me Now」みたいなのとかね。
   
    じゃあ最後になにか。
全員 聴いてくれてありがとう。お金に見合うものをつくりました。見る夢はオールカラーの僕らに信(中国ではこう書く)を。
    ありがとうございました。


<< Latest News < Back
Studio HS Records 2000, All Rights Reserved.